Canada 旅ブログ

バンクーバーでワーホリ!必要な英語スキルとお給料について

更新日:

こんにちは!Ayaです。

今日も「ワーホリに行きたいけどなかなか一歩踏み出す勇気を出せない人」の背中を押すべく、記事を更新していきます。

この記事では実際にバンクーバーで働くうえで必要になってくる英語のスキルと、お給料面について詳しくお話していきます。

ぜひ参考にして下さいね!

 

ワーホリ第一関門!面接 (インタビュー)

日本でも仕事を始めるには基本的にまず面接が必要になってくるように、ワーホリでももちろん面接(インタビュー)は必須です。

ちょうどついこの間、当時働かせてもらったお店のフロアマネージャーと電話をして私の面接のときの話になりました。

彼は日本人なんだけど、生まれも育ちもバンクーバーのいわゆる ”ジャパニーズカナディアン”と呼ばれる人で英語も日本語もペラペラ話せるのだけど、面接はもちろん英語でした。

まず自己紹介から始まって

確か将来の夢とか、なんでワーホリに来たのかとか、まあ一般的な質問をされたのですがなんせ英語なので!!

もうね、めちゃくちゃ時間かかった!汗かきまくり!

ああ~懐かしいねって。

私のへたくそな英語を文句も言わずに聞いてくれて、しかも合格までもらえたという。

私の場合はその面接をしてくれたマネージャーがものすごく良い人で優しかったからラッキーでしたが、もっともっとローカルな、面接者がカナダ人や外国人であれば、英語力はもっと必要になってくると思います。

少なくとも面接で聞かれそうなことを事前にいくつかピックアップして練習しておくことをおすすめします!

 

ワーホリ職業別、必要な英語力

ワーホリで人気な職種はほぼ決まっています。

私の周りでもそうでしたし、実際にワーホリ経験者の体験談を調べてみてもほとんどの人が「接客業」を選んでいます。

その中でも人気なのが

  • 日本食レストラン
  • ローカルレストラン
  • お土産屋さん
  • カフェ

などがあります。

これらのどの仕事にも、英語が必要になってくる場面というのはほとんど決まっていてマニュアル化されています。

そのため必要になってくる英語スキルは【初級レベル~】です。

【~】となっているのは仕事を始める時点では初級からでも始められますが、仕事を続けていくうえで必ずマニュアル以外の英語力も必要になってくるからです。

 

簡単な例を出すと、飲食店であれば

「ご注文はお決まりですか?」

から始まり

「お飲み物 / デザートはいかかですか?」

「私のおすすめは〇〇です」
など基本的に使う英会話というのは決まってきます。

 

しかし実際に働いてお客様と関わっていくと、いつもマニュアル通りにはいかないですよね。

「この料理はどんな料理なの?」
「アレルギーがあるから内容を詳しく教えてほしい」
「記念日なんだけど何かサプライズをできますか?」
などなど、あげたらキリがないくらいです。

 

私自身どうしていたのかというと、働きながら徐々に英語に慣れていくしかないとしか言えません。

どうしてもわからない、相手の言っていることはわかるけど説明できないと思った時は、曖昧な返事をすることは英語が出来ない事よりもずっと失礼なことなので、先輩等に変わってもらいます。

 

そう。毎日毎日が勉強の日々です。

 

また、職場のスタッフ全員が優しいとも限らず、中には気難しい人もいたりします。

実際に「接客業なのに、なんでこのくらいの英語も分からないの!?」と強くあたってくる人もいました。

その人の言う通りなんですけどね。最初のころは悔しくて悔しくて家に帰ってから一人でよく泣いていました。

そんな中でも優しい人はいて。

仕事終わりに英語で魚の名前とか、野菜の名前とかクイズに出し合いながら一緒に帰ったり。英語ではこう言うんだよって優しく教えてもらって、そんな人たちに救われながら働く毎日でした。

少しずつではありますがそんな風に、今ある生活と向き合い英語を習得していきます。

 

ワーホリバンクーバーお給料事情。チップの重要性

ではここで気になるお給料に関してお話していきます。

カナダは州によって最低賃金が変わってきますが、バンクーバーのあるBC州では、時給11.35ドルが最低賃金として定められています。(2018年4月現在)

でね、バンクーバーでのお給料は基本的に「2週に1回」口座に振り込まれます!

いや~この制度、私にはものすごーく有難かった!

金欠になることはまずありません。笑

それになんだかお得感があるんだよね。

 

あとね、忘れちゃいけないのが「チップ」の存在。

チップ制度のあるカナダで接客業をする人の特権です!!

このチップの存在ってね、ほんとーーーに大きいの!

 

うちのお店では、キッチン / ディッシュウォッシャー / サーバーでチップを能力別に分けてたんだけど、入りたての私でも1日$40くらいもらえました!(もちろんお店の規模などによって変わります。)

お給料とは別に1日$40だよ!?

めちゃめちゃ有り難くないですか!

土日だと$60くらい貰える日もありました。

簡単に計算しても月に20日働けば$40×20=$800 (=約8万円!!!)

チップだけで家賃を稼げちゃうレベルです。

それくらいチップには普段の生活に大きな影響を与える力があるので、仕事探しをするときに「チップがたくさんほしい!」と考えるのであれば、お店の規模やお客さんの入り方などに注目してみるのもポイントです。

 

ワーホリバンクーバーおまけ情報

最後におまけ情報として・・・

私の友達が働いていたダウンタウンにある某有名焼き鳥屋さん (これだけでわかる人にはわかるであろう)では、社員旅行にワーホリの子たちも連れて行ってくれるのです!(今も同じかはわからないので要確認!)

しかも場所が、Hawaii !!!!!

なんて最高なんでしょう・・・。

私だって知ってたら最初からそこにapplyしてたーーーーー!なんてマネージャーには死んでも言えないんですけどね。

 

という感じでそんな職場も探せばあるみたい。

 

ワーホリの期限は基本的には1年間だけど、雇い主側に「この子にまだうちで働いてもらいたい」と思わせることができたら、
”ワークビザ”に切り替えてもっと長く滞在することもできます!

ワーホリが終わって帰国してからの予定が特にない、もしくはずっとカナダに住みたい!と考えるなら、面接の時点で『ワークビザ取りたいです!取れるように頑張ります!』ってアピールするのもいいですね!

 

ということで、今日のワーホリ記事はここまでです。
ワクワクしてきましたか?このわくわくを胸に一気に夢を現実に変えていきましょう!

 

あ~!私ももう一回カナダでワーホリしたーい!!!

 

では!
最後までお読みいただきありがとうございました!

 

Aya

 

 

-Canada, 旅ブログ

Copyright© MY BUCKET LIST , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.