Italy 旅ブログ

【ベネチア】フォトジェニックが止まらない!ブラーノ島へ行こう!

更新日:

あなたはベネチアにある最もフォトジェニックで可愛らしい島をご存知ですか?

その島に一歩足を踏み入れると、まるで絵本の中に迷い込んだかのようなカラフルな光景が目の前に広がります。

それが今回おすすめするベネチアの観光スポット、ブラーノ島です。

人口約3000人ほどの小さな島なので、1時間もあれば島中はある程度歩けるくらいの大きさ。とにかく島全体がフォトジェニックで、特別写真が好きじゃない人でもここでの撮影は楽しくて仕方がないはず!カメラはマストで持って行って下さいね♪

ではブラーノ島への行き方、島の様子をご紹介していきます!

ブラーノ島ってどんなところ?

言わずもがな写真の通りブラーノ島はとにかくカラフル!ただ可愛いから、というわけではなくこんなにカラフルなのにはちゃんと理由があるんです。

海に囲まれているということもあり、ブラーノ島は漁業が盛んで漁師の街と言われています。霧深いブラーノでは漁師たちが帰ってくるときに自分の家を探すのが困難。そのためすぐに家を見つけられるようカラフルに塗った、というわけです。だから隣の家とは必ず違う色にするというのが決まりなんですね。

面白い・・・!

そんな理由でこんなにもお洒落になってしまうのかと感心してしまいます。

猫好きには堪らない!ブラーノ島はにゃんにゃんパラダイス!?

この後ろ姿・・・!すでに愛おしいですよね?!そう、ブラーノ島にはそこら中に猫がいます。

どの猫もブラーノ島のゆっくりの流れる時間の中のーーーんびりと過ごしていました。

日向ぼっこが気持ちよさそう。

近づいても全然平気!みんな人馴れしています。そして綺麗な横顔・・・。

グラビア顔負けのセクシーショットもいただきました。

ブラーノ島のジェニックポイント!

島全体がフォトスポットなブラーノ島ですが、特に私が可愛いなと思ったのはここ。

場所の名前はわからないのですが、島に着いて船を降り、左に進んだ割とすぐのところです。

同じ場所で橋全体を写したらこんな感じ!

他にもインスタグラムでよく見かけていたピンクの可愛いお家の前や、

迷路に迷った風な入り組んだ道

どこを撮っても絵になること間違いなしです!

小さな島なのでぷらぷら歩いていれば「あ!この景色、写真で見ていたアレだ!」となるはず。そんなフォトスポット探しも楽しんでみて下さい。

ブラーノ島への行き方とチケット料金

ベネチアからブラーノ島へはヴァポレットと呼ばれる水上バスに乗って行きます

乗り場はベネチア本島北側にある、フォンダメンテ・ノーヴェ(Fondamente Nove)駅の12番のヴァポレットでブラーノ駅まで行くのがオススメ。12番のヴァポレットは1時間に2〜3本の間隔で出ています。

所要時間は片道約40分程度。

ヴァポレットのチケットは

  • 1回乗車券:7.5ユーロ
  • 24時間乗り放題チケット:20ユーロ

となっています。

24時間チケットは最初に刻印した時間から日を跨いだ24時間有効なので、ブラーノ島以外にもヴァポレットを利用したいなら24時間乗り放題チケットを購入した方が安くなるのでお得です!

まとめ

死ぬまでに一度は訪れてみたいブラーノ島、いかがでしたか?

ベネチアに行く際にはぜひブラーノ島へも足を伸ばしてみて下さい。

あなたもきっとその絵本の中へと入り込んだような不思議な体験ができるはずです・・・♪

-Italy, 旅ブログ

Copyright© MY BUCKET LIST , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.